札幌の産科、婦人科、小児科の専門病院として、女性の一生をケア・サポート

医療法人 明日葉会 札幌マタニティウイメンズホスピタルアクセス

理事長挨拶

1975年「心のふれあいを大切に あたたかい医療をもとめて」を理念のもと開業以来、みなさまに御高配を賜りありがとうございます。
「新しい生命の誕生という人生最大のドラマの場」にふさわしい病院づくりを念頭に、スタッフとともに歩んで参りました。周産期医療を核に心と身体の両面から"女性の一生をサポートできる女性専門病院"として地域に貢献していきたいと念じております。
 これからも、当院の理念と5つの基本方針をもとに、心のかよったあたたかい医療を提供するとともに、時代のニーズに応え、常に成長し続けてまいります。

医療法人明日葉会
札幌マタニティ・ウイメンズホスピタル
     理事長       高後 裕匡

理念

心のふれあいを大切にあたたかい医療を求めて

基本方針

  1. 患者様が満足できる医療の提供
  2. 質の高い医療の追求
  3. 地域医療への貢献
  4. 健康でチームワークのとれた病院
  5. 誇りのもてる職場の創造

患者さまの権利

患者さまは私達からの充分な説明を受け私達と共に考え、相談しながら自らの意志で選んだ医療を受ける権利があります。

患者さまの義務

  1. 良質な医療を受けるために、医師をはじめ職員にご自身の健康状態を出来るだけ正確に伝えてください。
  2. ご自身が受けている医療については充分納得・理解いくまで質問してください。
  3. 全ての患者さまが適切な医療を受けられるよう病院内の規則と職員の指示をお守りください。

看護部

看護部理念

病院理念を基盤に、患者様が満足する質の高い看護を提供できるように、専門職業人として、自己研鑽し、自らを高める姿勢を持ち続ける。

看護部方針

  1. 看護の基本を遵守し、安全な看護を提供します。
  2. 患者様が安心し満足できる看護を提供します。
  3. 専門職として知識、技術の向上のために自己研鑽します。

※平成28年度看護部目標はこちら
※看護部職員キャリアラダーについて
※看護部職員クリニカルラダーについて
※組織図

病院概要

名称 医療法人明日葉会
札幌マタニティ・ウィメンズホスピタル
所在地 札幌市北区北13条西4丁目2-23
管理者 理事長 後 裕匡
開院 1975年9月10日
診療科目 産科・婦人科・小児科・麻酔科
病床数 52床
職員数 産科婦人科常勤医師10名・非常勤医師1名
小児科常勤医師1名・非常勤医師4名
麻酔科常勤医師1名・非常勤医師1名
助産師60名
看護師23名
フロアーアシスタント13名
中央材料室5名
放射線技師3名
薬剤師5名
管理栄養士3名・栄養士1名
メディカルクラーク4名
外来クラーク2名
病棟クラーク2名
コンシェルジュ4名
医療事務課19名
調理師7名
ウェイター2名
ドライバー3名
(平成28年4月1日現在)
札幌マタニティウイメンズホスピタル
(C) Sapporo Maternity Women's Hospital All rights Reserved.

PAGE TOP