札幌の産科、婦人科、小児科の専門病院として、女性の一生をケア・サポート

医療法人 明日葉会 札幌マタニティウイメンズホスピタルアクセス

西洋医学と東洋医学の融合で
女性の健康をきめ細やかにサポート

南1条クリニック院長

院長 八重樫稔

札幌マタニティ・ウィメンズ南1条クリニックでは、デリケートな女性の体調に合わせ、カウンセリングを行い、心身の緊張や不安を解消しながらきめ細やかに女性の健康をサポートしています。
中心となる婦人科では従来の西洋医学に加え、鍼や漢方薬などの東洋医学も取り入れながら診療を行います。また産科においても、妊婦健診を行い、出産前後の不安や悩みなどを一緒に考え解消していきます。
大通りにほど近い札幌市の中心街に位置し、働く女性にとっても便利なクリニックです。
スタッフ一同、心のこもったトータル医療で、女性の皆さまを温かくお迎え致します。

院長紹介

略歴
北海道大学農学部大学院修士課程、
北海道大学医学部卒業
北海道大学医学部産婦人科
江別市立病院産婦人科部長
日本東洋医学会専門医、指導医
日本産科婦人科学会認定医
日本更年期学会評議員

受付・診療時間

  午前 午後
9:30〜13:00 14:30〜18:00
9:30〜13:00 14:30〜18:00(本院医師による診察)
9:30〜13:00 14:30〜18:00
9:30〜13:00 14:30〜18:00
9:30〜13:00 14:30〜18:00
9:30〜13:00  

※診療予約はお電話にて受付けております。インターネットでのご予約はできません。
(TEL:011-208-1880)

※日・祝日は休診です。
※院長が学会等で診療時間が変更になることがございます。ご了承ください。
 ご不明な点は、お電話にてご確認ください。

診療内容

生理痛や生理不順で悩みの方、不正出血のある方、妊娠の有無を確認したい方、旅行などで生理日を変更したい方、性感染症が不安な方、骨粗鬆症などの中高年特有の診察を受けたい方など。
また、肩こりや腰痛、更年期障害などの症状に対する東洋医学的治療やプラセンタ注射も行なっております。(プラセンタ在庫ないことも有)

東洋医学的治療について

当院では主に鍼と漢方薬を用いた東洋医学的治療を行なっております。

漢方薬 西洋医学では効果の上がらない症状に対しても、漢方薬は有効です。 身体の状態や症状に合わせた漢方薬を処方いたします。
鍼 肩こりや腰痛を中心に、逆子治療などにも効果的です。当院で用いる鍼は使い捨てですので、感染の心配はございません。 

安心のサテライトクリニック

南1条クリニックの診察により入院が必要となった場合や緊急時には、本院である『札幌マタニティ・ウィメンズホスピタル』へ。
皆さまが安心して治療を受けていただけるよう、本院と連携しいつでも万全な受け入れ体制を整えております。

『たすけてドクター』

当院院長の八重樫稔が『poroco』にて女性の悩みを西洋・東洋医学の観点から回答しております。

(C) Sapporo Maternity Women's Hospital All rights Reserved.

PAGE TOP